加藤屋日記【鰹の醤油つけ麺編】

Image308.jpg Image309.jpg Image310.jpg

17日(土)の昼、「加藤屋」を訪問。『鰹の醤油つけ麺』を注文。

まだ更新してない日記がいくつかありますが、宣伝も兼ねて「加藤屋」の『鰹の醤油つけ麺』について更新させていただきます。というのも、今まで『つけ麺』は夜限定でしたが、今週から土曜・日曜・祝日は終日の提供となったのです。そんなわけで、早速訪問した次第です。

つけ汁は名前の通り、鰹がベース。鰹のスープ自体が美味しいこともありますが、今日のつけ汁は醤油がビシッと効いていて、とても美味しかった。最近、煮干し系が多かったので、ストレートな鰹の味わいに嬉しくなりました。

麺は全粒粉の太麺。ちょっと前にいただいた時、麺の食感等に心配したところもありましたが、今日の麺は美味しかったです。「加藤屋」らしいモチモチ感が心地良く、全粒粉ならではの香りも楽しむことができました。

トッピングは、チャーシュー・メンマ・貝割れ。メンマは2本ですが、後2〜3本くらい欲しくなるような美味しさです。

スープ割にはミニご飯が付き、ダシ茶漬け風にしていただきます。私は『ごはん(小)』を注文し、そこにダシ茶漬けのあられ等を乗せ、スープ割したつけ汁をかけます。当然ながらミニよりもご飯が多く、ダシ茶漬けを1人前食べたような満足感があります。

今まで昼にしか来られなかった方々も、土曜・日曜・祝日のみですが、『昼つけ麺』が食べられるようになりました。厨房は大変でしょうけど、お客様方には喜ばれると思います。この機会に是非とも『つけ麺』をご賞味下さい。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です