加藤屋日記【四川風 麻〜まぜそば編】

Image282.jpg Image283.jpg Image281.jpg

10日(土)の昼、「加藤屋」を訪問。『四川風 麻〜まぜそば』を注文。

今や「にぼ次朗」の店長に昇進?したもり〜んが考えた『四川風 麻〜まぜそば』。当分の間、もり〜ん店長の創作ラーメンは食べられないはずなので、最後にいただくことにしました。

『麻〜まぜそば』は、スープ無しのまぜそば(和え麺)タイプ。花椒(中華山椒)が強烈に効いていて、ヒリヒリとした辛さが特徴です。良く掻き混ぜてから食べるのですが、掻き混ぜが足りずに花椒の固まりを口にすると、痛辛さが口の中を襲います(笑)。せっかく辛いものを作るのだから、中途半端な辛さではなく、しっかりとした辛さを出せたのではないでしょうか?

麺は、『森次朗』『にぼ次朗』で使われている極太麺。色んなタレやスープにも負けない麺ですし、ユーティリティプレイヤー的な存在だと思います。

トッピングの特徴は、「加藤屋」お得意の「通称ザクザクさん」とロース肉のチャーシュー。「ザクザクさん」の食感とロース肉の旨味は、『麻〜まぜそば』をより美味しくさせていると思います。

10月下旬より、新しい限定メニューがお披露目となります。新メニューも楽しみですが、最後に『麻〜まぜそば』(大将の『ドロと鰹の辛まぜそば』も)を食べていただきたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です