加藤屋日記【四川風麻〜まぜそば編】

Image054.jpg Image055.jpg

先々週の水曜の夜、「加藤屋」を訪問。『四川風麻〜まぜそば』を注文。

前回試食した時は、『もり〜んの辛いのん(仮)』という名前でしたが、正式名称は『四川風麻〜まぜそば』となりました。といっても、販売開始から2週間も経過してからの日記なので、ある程度は認知されてるかもしれませんね。

『麻〜まぜそば』は、その名の通りまぜそばタイプ。花椒を中心として、豆板醤や醤油ダレ・ゴマ油・ニンニク等が合わさったタレは、確かに中華テイストです。四川風かどうかは、軽くスルーさせていただきます(笑)。辛みだけじゃなく、旨味を感じるのは、きっと花椒のおかげなのでしょう。

麺は『森次朗』で使われている麺。極太の麺は、口の中で暴れる感覚が面白いです。この辛いタレにはとても良く合っていると思います。

トッピングは、山くらげ・白髪葱・水菜等と肩ロース肉。この肩ロース肉が美味しいんです。噛むほどに旨味が溢れる感じです。この肉で『チャーシュー盛』が食べたくなりました。

試食時点からの変更点は、トッピングくらいだそうです。その割に試食よりも美味しく感じたのは、トッピングを含めた総合的なバランスなのかな。「加藤屋」らしさという点では、物足りなさを感じる方もいると思いますが、もり〜んの成長を感じさせる一杯だと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です