加藤屋日記【みょうがと大葉の冷やしにぼちゅー編】

Image028.jpg Image029.jpg

土曜の夜、「加藤屋」を訪問。『みょうがと大葉の冷やしにぼちゅー』を試食。

昼に引き続き、夏の限定メニュー第2弾である『みょうがと大葉の冷やしにぼちゅー』をいただきました。こちらは、「辛いのん」が苦手な方のために準備したそうです。

『みょうがと大葉の冷やしにぼちゅー』は、『煮干し中華そば(塩)』の冷たいバージョンと言っていいと思います。スープが冷えているので、なかなか煮干しが出てこないらしく、煮干しを多めにしているそうです。そのおかげか、かなり煮干しの風味を感じます。冷たくても美味しい!ちょっとビックリです。

麺は全粒粉麺。通常メニューで使用している麺ですが、冷たくてもなかなかの美味しさ。麺もスープも「へ〜」って感じの味わいです。

商品名に「みょうが」「大葉」とありますが、実は試食時、両方共入っていませんでした。私が試食した時は、「三ツ葉」「ゆず」を試してみたのですが、最終的に「みょうが」「大葉」にしたのでしょうか。「ゆず」は、後半の味の広がりがなかなか良かったので、もしかしたら使われるかもしれません。

トッピングに使われているチャーシューは、いつもと違って短冊です。短冊もありだな〜、なんて思いました。後はおそらく変わらないのではないでしょうか。

「辛いのん三兄弟」と一緒に提供される『みょうがと大葉の冷やしにぼちゅー』は、個人的に非常に面白い存在だと思います。まだまだ暑い日が続きますので、辛いのが苦手な方、汗をかきたくない方は是非とも食べていただきたいです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です