加藤屋日記【鰹とおろしの冷やし麺ジュレ仕立てbyみや〜ん 編】

Image161.jpg Image162.jpg Image163.jpg

土曜の昼、「加藤屋」を訪問。『鰹とおろしの冷やし麺ジュレ仕立てbyみや〜ん』を注文。

正式に限定メニューとして提供されてから、実は初めて食べる『鰹とおろしの冷やし麺ジュレ仕立てbyみや〜ん』。前にいただいたのは6月で、試食という形でした。

基本的には「まぜそば」タイプなので、(ジュレを楽しんだ後で)麺とジュレとタレ等を混ぜて食べます。でも今回は、それらを混ぜず、ジュレ部分のみ、タレ部分のみをいただきました。というのも、ジュレは「煮干しの塩」、タレは「鰹の醤油」なので、別々に食べても美味しいはずだ、と思ったからです。その狙いは個人的に当たりで、それぞれの味をしっかりと楽しむことができました。

麺は生ほうれん草を練り込んだ翡翠麺。ジュレ・タレ共に、麺との相性はなかなかだと思います。そして、ジュレとタレを楽しんだ後、エビ油と味噌ダレを合わせたものを投入しますが、このかなり強いエビ味噌とも割と合っていると思います。

何気に「加藤屋」の要素をふんだんに取り入れていて、一杯で「加藤屋」を感じることができるかもしれません(かなり言い過ぎかも)。提供がいつまでか分かりませんが、お早めに食べていただきたい一品です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です