加藤屋日記【煮干しの黒つけ麺編】

Image151.jpg Image152.jpg Image153.jpg

火曜の夜、「加藤屋」を訪問。『煮干しの黒つけ麺』を注文。

会社の同僚と共に「加藤屋」を訪問しました。目的は、同僚に『森次朗』を食べていただくこと。そして、私は悩んだ結果、またまた煮干しを味わうべく『煮干しの黒つけ麺』をいただきました。

通常メニューのつけ麺との差は、「たまり醤油」を使っていること。しかしながら、味の変化は非常に大きいです。醤油の良い香りだけじゃなく、醤油の美味しさや煮干しの風味が良く出ていて、かなり美味しいつけ汁だと思います。

麺は全粒粉の太麺。いつものつけ麺と同じなので、つけ汁のインパクトが強いために相性が悪くなる心配もありました。でも、つけ汁のインパクトを麺がしっかりと受け止めていて、一体感をちゃんと感じます。

スープ割はダシ茶漬け風。醤油がしっかりと効いていて、ミニご飯と一緒に食べてもなかなかの美味しさです。もしかしたら、ちょっと醤油が濃くて、ご飯には合わないと思う方がいらっしゃるかもしれません。私が個人的に好きなので、この食べ方を推奨します。

『煮干しの黒つけ麺』は、「加藤屋」の実力も「たまり醤油」の実力も共に感じることができる一品だと思います。いつか正式なメニューになる日が来るといいな、と心待ちにする今日この頃です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です