加藤屋日記【煮干し中華そば(塩)編】

Image125.jpg Image126.jpg

月曜の夜、「加藤屋」を訪問。『煮干し中華そば(塩)』を注文。

前回の「加藤屋日記」にて宣言した通り、新たな煮干しを堪能すべく、『煮干し中華そば(塩)』をいただきました。

大将の持論であり、かつ私も同見解なのが「醤油は香りを引き上げ、塩は旨味を引き上げる」なんです。その言葉の通り、塩が新たな煮干しの良さをしっかりと引き出しています。スープを口に運ぶ時の香りも良く、口の中に広がるインパクトのある旨味も良い。えぐみを感じないので、喉越しも爽やかです。

麺はいつもの全粒粉麺。スープが変わると、バランスが崩れる不安もありましたが、心配無用でした。美味しいスープに美味しい麺の組み合わせ、やっぱり私は加藤屋ファンなんだと実感しました。

今回、グレードアップした煮干しの良さをしっかりと感じることができました。この煮干しを使った、色んなメニューの変化が楽しみな今日この頃です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です