加藤屋日記【もり〜んの味噌まぜそば編】

Image017.jpg Image018.jpg Image019.jpg

火曜の夜、「加藤屋」を訪問。『もり〜んの味噌まぜそば』を注文。

6月初旬にいただいた時と比較して、何となくですが美味しく感じます。ほとんど改良を加えてないとのことですが、味噌ダレにたまり醤油を合わせた特製のタレと背脂のバランスが非常に良くなってる気がします。たまたまなのか、知らない内にバランスが良くなっていたのか、真相は分かりませんが、当初よりも美味しくなっています。

麺は相変わらずの存在感。様々な食材と味噌・たまり醤油・背脂から色んな味が出ているのに、それらを全て受け止める麺の強さに驚きます。

途中で投入するのは、最終的に「砕いたアーモンド」と「三ツ葉」にしたようです。食感や風味の変化が楽しめますので、飽きが来ないというメリットがあります。

それから、ちょっと脂がしつこいと感じる方は、最後の方で「酢」をかけるのもオススメです。酢が脂っこさを中和し、少し甘みが出るので、食べやすくなります。

『もり〜んの味噌まぜそば』は6月の限定メニューなので、残り一週間を切っています。魚介を使っていないのに加藤屋らしさを感じる不思議な一杯ですので、機会がありましたら、ぜひとも食べていただきたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です