加藤屋日記【まぼちゅー編】

SBSH0952.JPG SBSH0953.JPG SBSH0954.JPG

金曜の夜、「加藤屋」を訪問。『まぼちゅー』を注文。

実は『こってりまぼちゅー』を食べようと思って訪問したのですが、大将の「『NEOまぼちゅー』って食べました?」の一言で、何事もなかったように『まぼちゅー』を注文した次第です。

スープを一口飲むと、いつも通り鰹が押し寄せてくるのと共に、鶏の強いインパクトを感じます。今まではさほど強くなかった鶏の甘味もしっかり出ています。かと言って鰹が弱くなったわけではなく、「鰹がドーン」と感じるのは健在です。

大将に伺うと、鶏ガラの部位を変えたとのこと。私は素人故、部位によりこれほどの変化があることを知りませんでした。以前の『まぼちゅー』よりもインパクトが強くなっていますし、加藤屋ならではのバランスもしっかりキープしているので、大将が追い求める「幻」にまた一歩近付いたのではないでしょうか?

ちなみに、「幻の中華そば」というのは、「幻のように崇高な中華そば」という意味ではなく、「大将が追い求める味が幻のようなもの」という意味で屋号に掲げています。その意味からすると、前述の通り、幻にまた一歩近付いた気がするのです。

このスープを使うことにより、他のメニューにも良い影響が出ると思います。最近、限定メニューや試食ばかりしていたので、改めて通常メニューも楽しもうと思いました。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です