加藤屋日記【幻の塩そば編】

SBSH0720.JPG SBSH0721.JPG SBSH0719.JPG

昨日は『もり〜んまぜそば』を食べようと思い、20時前に加藤屋を訪問。ところが、残念ながら売切れだったので、『幻の塩そば(唐揚げセット・きざみチャーシュー丼変更)』を注文。

『幻の○○』シリーズは、どれもストレートに鰹を感じますが、『幻の塩そば』は特に超ストレートな印象です。私自身、「塩」は旨味を引き出すと決め付けてるところがあるので、鰹の風味・旨味がより強く出るのだと思ってます。

最近の加藤屋の試食メニューは、玉子麺を使用するものが多かったので、久しぶりの全粒粉麺でした。玉子麺ほどの食感はありませんが、風味といいモチモチ感といい、個性豊かな麺ではないでしょうか?賛否両論はあるでしょうけど、加藤屋こだわりの全粒粉麺を楽しんでいただきたいと思います。(麺固めはぼそぼそになるので、避けた方がいいです。)

そして、『きざみチャーシュー丼』。ご飯にきざみチャーシュー・白髪葱・カイワレを乗せ、醤油タレ・一味唐辛子をかけるという、単純な構成なのに美味しいんです。いつか『きざみチャーシュー丼』の「大」を食べてみようかな、と。

『もり〜んまぜそば』を食べられなかったのは残念ですが、以前より成長したもり〜んを見ることができ、何だか嬉しくなりました。ちなみに3枚目の写メは、JKが山のように積み上げてくれた「キャベツ」です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です