加藤屋日記【豆乳鶏白湯煮干しそば(塩)編】

SBSH0682.JPG SBSH0683.JPG

今日は、朝起きた瞬間から、決め打ちで加藤屋に行くことにしていました。というのも、一時休止していた3月の限定ラーメンが木曜から復活していたからです。そんなわけで、8時に加藤屋を訪問すると、店内は満席!雨なのに喜ばしいことです。そして、昨日に引き続きお会いしたP氏、Nット氏・B氏もいらっしゃいました。で、お目当ての『豆乳鶏白湯煮干しそば(塩)』を注文。何気にラス1でした。実はこのメニュー、先だって一夜限定で提供されたものがベースとなっています。でも、その時とは配合やトッピングなんかを変えているそうです。スープを一口いただくと、煮干しの風合いを先に感じ、後から鶏の旨味がジワジワと広がってきます。塩によって引き出された鶏の旨さは、心地良い喉越しを生み出しているような気がします。さらに、一夜限定の時よりも、鶏と煮干しの一体感がプラスされた感じ。麺は細ちぢれの玉子麺。スープにも良く絡みますし、相性も抜群です。トッピングも大きく変わり、ウズラの玉子とブロッコリーが追加されています。ウズラの玉子はスープと一緒に食べると良いです。そして、春野菜のブロッコリーにより、鮮やかな彩りが加えられます。
それから、大葉を少し減らしているのですが、清涼感を与えつつもスープの邪魔をしない、ちょうど良い量かな、と。1日の提供数は限られていますが、是非とも一度は食べていただきたい逸品です。ちなみに、スライサーで切ったチャーシューが途中で無くなったので、包丁で切ったチャーシューでした。いつもより少し厚めだったので、お得な感じでした(笑)。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です