家族の健康と安全

気温や湿度が高くなり始めて、早くも熱中症や食中毒が心配になる季節がやってきました。
皆様、体調など崩されておりませんでしょうか…?


今回は、家庭内での食中毒を防ぐ6つのポイントをまとめてみました。

1、食品の購入

購入時に消費期限等のチェックをし、寄り道しないでまっすぐ帰るようにしましょう。

2、保存

帰ったらすぐに冷蔵庫へ。
冷蔵庫の使用は容量の7割程度に収まるよう気をつけ、肉や魚は汁が漏れないよう包んで保存する。

3、下準備

冷凍食品の解凍は冷蔵庫で。
小まめに手を洗い、タオルやふきんは常に清潔な物を使用する。
まな板は、肉や魚を切った後は洗って熱湯をかけ消毒する。

4、調理

作業の前に必ず手を洗う。
キッチンは清潔にする。
特に電子レンジでは均一に加熱されるよう注意する。

5、食事

盛り付けは清潔な器具・食器を使う。
食事前に手を洗う。
調理済みの物でも、長時間室温で放置しない。

6、残った食品

早く冷めるよう小分けにして保存する。
時間が経ち過ぎたり、少しでもあやしいと感じたら思い切って捨てる。
温めなおす時は十分に加熱する。

等です。

他にもまだまだ留意する点はあるかと思いますが、皆様どうぞ少しでもご参考になさって下さいませm(_ _)m



加藤屋グループでも常にプロ意識をもって、お客様の健康と安全を守る為こだわりを持ち続けております。

本日も感謝の心で、皆様のご来店をスタッフ一同お待ち致しておりますm(._.)m

担当 舛谷

baikinman

DSC_0132

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です