加藤屋日記【豆乳白湯塩そば(思いつきの試作)編】

SBSH0616.JPG SBSH0615.JPG

今日は、草津の近鉄百貨店で「美味しいものフェア」的な催しがあったので、ちょっと立ち寄ってみました。閉店間際ということで、値引されている商品もあったので、加藤屋の大将の晩御飯に「北海道の明太子」と「変わり種コロッケ(バターコーン・さつま芋・鶏ごぼう)」を購入。お金はしっかりと大将からいただきましたけどね(笑)。それらを届けるため、8時過ぎに加藤屋を訪問。で、大将のその場の思いつきで『豆乳白湯塩そば(思いつきの試作)』を作っていただきました。スープはネーミングからも分かる通り、鶏白湯に豆乳を合わせたもの。それに鶏油を浮かせています。一口飲んでみると、なぜかバターの味がする!?作る行程を見ていましたが、バターは入っていません。にも関わらず、バターなんです(笑)。おそらく、豆乳と鶏油が合わさったことで、バターのような味が生まれたのではないかな、と。また、煮干し粉を入れているので、途中で魚の風味を感じるのはアクセントとして良いですね。スープの最後の方は、煮干し粉のおかけで、魚をガシガシと感じます。麺は玉子麺で、加藤屋独特の全粒粉麺ではありません。でも、このスープには玉子麺の方が合うと思
います。今日はたまたま大葉がなかったのが残念ですが、バジルなんかを合わせても面白いと思います。思いつきの試作なので、バランスとかはこれからの調整になりますが、方向性はなかなか興味深い一杯だと思います。それから、「北海道の明太子」は予想以上に美味しく、近々また購入しようと思います。ちなみに「美味しいものフェア」的な催しは25日までです。伊勢海老の半身が入ったラーメンもあるそうなので、興味のある方はぜひ(笑)♪

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です