加藤屋日記【まごころ味噌と豆乳白湯のつけ麺編】

SBSH0561.JPG SBSH0562.JPG

今日から始まった「まごころ味噌と匠達の響宴」イベント。スタートは加藤屋ではなく、京都の2軒。どちらも個性的なラーメンであり、幸せ気分で電車を乗り継ぎ大津駅へ戻ってきました。駅から我が家に向かうと、加藤屋の看板が目に入るのですが、何やらラヲタ臭が(笑)。何も食べるつもりはありませんが、そのまま加藤屋を訪問。すると、Ar氏の残り香を感じ、Nット氏・MMDくん・Mちさんカップル・Tケル氏にお会いしました。総ラヲタのカウンターって一体・・・(笑)。で、『まごころ味噌と豆乳白湯のつけ麺』を少し分けていただきました。とりあえず、食べたからには更新しないと(笑)。最終試食から大きな変化はナシ。バランスを変えたのと、鶏油を減らしたくらいだそうです。それなのに、なぜか若干の酸味を感じます。皆一様に同じ感想だったのにはビックリ!大将は酸味が好きではないので、酸味を出すのは考えにくいんです。なので、大将にそのことをお伝えしましたが、大将も「???」でした。何がどう作用したのか、一切不明な状態です。と言っても、嫌な酸味ではなく、スッキリした感じに仕上がっているので、良い誤算かな。それから、スープ割に
した時にも不思議な現象が起きます。スープ割は豆乳が入ることにより、クリーミーになります。ここまでは想定内ですが、問題はこの後。ミニご飯と一緒に食べる(飲む)と、さらにミルキーな感じに!?なんか摩訶不思議な一杯でした。何はともあれ、今回の味噌イベントは残り14軒。先はまだまだ長く、険しいです(苦笑)。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です