加藤屋日記【まぼちゅー編】

SBSH0506.JPG

12日の話になってしまいますが、加藤屋の大将が復活後、久しぶりに大将の作るラーメンを食べるべく、2時に加藤屋を訪問してみました。大将はまだ完治はしてないものの、だいぶ良くなった様子。ホッと一安心です。で、3日以来の『まぼちゅー(大将作)』を注文。改めて、鰹と鶏のバランスの良さを感じました。特に、麺を口に運ぶ時に感じるスープの香り、麺が喉を通る時に感じる風味は格別です。約10日間、『まぼちゅー』を食べなかっただけなのに、何となく懐かしさを感じました(笑)。これからもり〜んがこの味を学び、パーフェクトに再現することができたら、加藤屋の伝統が引き継がれるわけで、そう考えたらなぜか身震いがしました!自分自身のことじゃないのに、伝統を継承することの難しさを知らされた気がします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です