加藤屋日記【和みの塩つけ麺編】

SBSH0136.JPG

今日も8時に訪問。加藤屋に行かない、という選択肢が考えられないくらいのハイペースで訪問してます(笑)。訪問してしばらくすると、Rもん氏がいらっしゃいました。常連の方々からのアドバイスもあり、名刺を作る事になりそうなので、Rもん氏に作成をお願いしました。で、今日は『和みの塩つけ麺』を注文。今日は直接的な味の感想ではないのですが、食べてみると「慈悲深い味」がしました。何でかは分からないんですけどね(笑)。私の中で加藤屋を神格化し始めてるのかもしれません!?そして、「余韻の残る味」とも感じました。煮干しだけでスープ割にするのではなく、鰹も合わせてたからかな?まだまだ加藤屋の味を理解しきれてないですね(苦笑)。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です